医学部の予備校時代で人生の厳しさを知りました

やるべき事は一つで、努力を更にするしかない

医学部予備校医学部専門予備校YMS

医学部の予備校時代に自分は人生の厳しさを知りました考え方の時点で既に負けていたという事が分かったやるべき事は一つで、努力を更にするしかない

とすればやるべき事は一つで、努力を更にするしかないという事になります。
周囲が努力をしている事はもう分かっているわけですから、後はそれに対してそれを上回るようにやればいいという事が理解できるようになり、少なくとも同じ程度のやり方では同じ結果しか出て来ないという事も理解をする事が出来るようになりました。
つまり、人生は極めて厳しいという事が本質的に理解出来たという事です。
この時期にこの厳しい現実を理解した事は自分の人生において大きな意味がありました。
基本的に今の自分があるのはこの時の事があったからだという事も感じています。
厳しいという事は今も感じてはいますが、それはこの時の厳しさと同じレベルだという事がいえます。
確かに自分以上の凄い人がいて、そのような人に勝つことは出来ない事も分かっているのですが、ある程度のところまではいけることも確信をもって言えるようにもなったのです。
若しも、この予備校の時に厳しい現実から逃避することをしていれば、まず今のような考え方をする事は出来なくなったでしょう。
難しい事は避けるというのが、義務教育の時には当たり前だったことが恥ずかしいというようにも感じられます。
このような感じを受けるという事がありますから、今の義務教育は考え方を変える必要があるかもしれません。
あまりにもお花畑レベルの理想が多すぎるという事が自分などは感じられて、もっと厳しく社会の現実を知る必要があるという事も感じるわけです。
社会に出れば徹底的な序列社会で自分の立場は常に才能によって上にさせる必要があります、この事をいち早く理解した人から上に行けるのです。